彼女を作る方法

一度きりの人生、後悔しないために。

合コンで上手くいかない原因は無理して喋るから。無理してミスるくらいなら黙っておけ!

f:id:danmote3:20201117103914j:plain

モテなかった頃の僕は、女性と会話するのが苦手でした。

緊張して焦って、「何を話せば良いかわからねぇ!」となっていました。

でも頑張って喋ってたんですよ?

だけど、なかなか良い印象は得られなくて、女性からモテることはなく、

  • 「僕は会話が下手くそだぁ・・・」
  • 「どうやったら上手く喋れるんだろう・・・」

と、そんな事を考えて落ち込んでいました。

要するに、「喋りが上手くないからモテないんだ・・・」と思っていたんです。。

そんなある日、僕より会話の苦手な友人と合コンに行く機会がありまして、案の定その友人はあまり女性と喋ってなくて、周りの人の会話に相槌を打ったり笑ったりしているだけだったんですよ。

僕は「ふふん♪こいつよりはモテるぜ♪」と調子にのっていました。

ところがですよ!

後日、その彼は『その合コンで2番目に可愛かった女性』と付き合う事になったんです!

僕は「くっそ!なんでや!!あんなつまんない男に!」と思いましたよね。。

「ま、まぁ2番目に可愛い子やし、ええか。僕は1番目の子をゲットするからよぉ!」と意気込んでいたんですが、すぐに撃沈してまして、「なんだよ・・結局顔か・・」と落ち込んだんですよね。。

※その友人はイケメンと言えるほどではないのですがそう思い込む

なぜこのような『理不尽なこと』が起こるのでしょう?

◆こんな人にオススメ◆
  • 会話が苦手
  • 頑張って喋ってもうまくいかない
  • 頑張れば頑張るほどダメになってる気がする

喋った方がモテるという先入観からくる『焦り』はマイナス

モテる男性といえば、会話が上手な男性ですよね?

例えば合コンでは、マシンガントークで笑いをとって盛り上げる男性は、とても目立つし好感度が高そうだと思いませんか?

でも、特に初対面の女性だと緊張するし、なかなかそのようには話せませんよね。。

そして、理想と現実とのギャップに焦ります。

  • 「やっべぇー!なにか話さなきゃ!」
  • 「喋らないとつまらないやつだと思われちゃう!」
  • 「どうしようどうしようどうしよう!」

こんな感じです。。

そして、上手に話している人たちを見てさらに焦ります。。

※以下ループ

この負のスパイラルに落ちて、滝のように汗をかき。。異臭が。。。(それはない笑)

こうなっちゃうとモテるもんもモテません。

 

無理して喋ってもミスって好感度が下がる

「どうしようどうしようどうしよう」という状態の時に、無理して喋っても上手くいきません。

焦っている時って、つまらない事しか頭に浮かんでこないので、

  • 「血液型は何?」って聞いたりとか
  • 「休日は何しているの?」とか
  • 自慢話しちゃったりとか
  • 俺通信しちゃったりとか
  • 愚痴っちゃったりとか

上手に喋れないので、喋れば喋るほど好感度が下がってしまうんですよ。

黙っていれば好感度はあまり下がらないので、こんなことを喋るくらいなら喋らない方がマシなんですね。

 

無理して喋るより、自分がやれることをやる

焦れば焦るほど、会話の事で頭がいっぱいになって「やっべー!なにか話さなきゃ!やっべ!やっべ!やっべー」ってなります。

すると、あたふたするだけで周りに気が使えなくなって、何もできずに固まってしまうんですよ。

喋れない動けないでは印象は最悪。

頑張って喋る必要はないので、まずは周りを冷静に見て動きましょう。

喋るよりも、料理を注文したり取り分けたりした方が女性からの好感度が高いです。

好感度が高くなれば、女性から話しかけてくれるようになるので、あまり緊張せずに会話できますよ。

 

まとめ 無理して喋るとミスるから沈黙の方がモテる

今回は、つまんなことを喋るより沈黙の方が良いというお話をしました。

  • 無理して喋るとつまんない人になりがち
  • 無理して喋るより、やれることをやって好感度を上げよう
  • 好感度が上がれば、女性から話しかけてくれるようになるよ

このような事が伝わりましたか?

この記事を読んで、焦らず、適切な行動をし、女性からの好感度を上げ、モテる男性になってくれたら嬉しいです。

 

勉強のススメ

恋愛では会話が9割と言われています。

会話が下手クソな人はいつまでたってもモテません。

では上手な会話とはどのようなものでしょうか?

それは爆笑するような面白い会話ではありません。

会話を勉強し、会話で女を落とせる男になりましょう。

【リンク】【特別版】美女を落とすための会話術~マインドコントロールの一歩手前まで