彼女を作る方法

一度きりの人生、後悔しないために。

マッチングアプリのプロフィールは多少盛っても怒られない。むしろ盛らない奴はただのバカ。

f:id:danmote3:20210123152840j:plain

あまり大きな声では言えないのですが、僕がマッチングアプリを利用して出会いを量産していた頃、プロフィールに書く内容を少し盛っていました。

プロフィールは多少盛っていも良い

マッチングアプリという出会いでは、まずプロフィールという一次選考を通過できないと始まりません。

女性側は好みの条件を入力して検索をかけてくるので、例えば年収500万円以上を希望している女性の場合、あなたの年収が499万円だとして、それをバカ正直に書いてしまうと、あなたがスーパー優しくて背が高くて佐藤健ばりのイケメンだとしても、検索結果から外れて発見すらしてもらえません。。

なので、ここは年収を1万円多く盛って、「僕は年収500万円だ!」と高らかに宣言することが重要なんです。

これだけで出会えなかったはずの美女と出会えるようになります。

女性側としても、年収1万円の差よりも、スーパー優しくて背が高くて佐藤健ばりのイケメンと出会えた方が幸せになるはずですから、これはウィンウィンになれる良いウソなんですよね。

 

プロフィールはどのように盛るか?

さすがにめちゃくちゃ盛るのはオススメしませんが、多少盛ってもバレるはずがないので安心してください。

では、どのように盛るかといいますと、まずは『女性が条件を入力して検索する』のをイメージしてくださいね。

条件検索では、例えば年齢だと『20歳から25歳』『26歳から30歳』のように区切られているじゃないですか?

ここで推理をして、「若い女性は若い男性の方が有利かな?」「若い子を狙うなら自分も若めに盛ろう!」などと考えます。

※年上が好きな女性もいるのでケースバイケース

あなたが33歳だとしたら、『31歳から35歳』を選ぶところを、1つ下の区切りの『26歳から30歳』を選択するという感じです。

この要領で、『年収』も『身長』も良い方向に1段階盛っていきましょう。

あとは、女性にウケそうな趣味を書いておくこと。

料理とか映画鑑賞とかです。

やっていなくても大丈夫。

女性が食いついてきたら、そこから必死に勉強すればOK!

共通の趣味は『共感』がたくさん生まれますから、会話が弾んで好感度が上がりやすいですよ。

 

盛ったのがバレても怒られない方法

上記のように『1段階盛る』くらいなら絶対にバレません。

ですが、、もっと盛りたくなるのが人の心ってもんです。。

僕も年収は2段階盛ってました。

でも絶対バレません。

結婚までいっちゃうと別ですが、、どうせ別れますから。

身長とか年齢とかは割とバレやすいですが、ここで使えるのが、「プロフィールはマッチングアプリを紹介してくれて友達が作成してくれたんだ」と言うことです。

「よくわからなかったから友達がやってくれたのよ」でOK!

「あいつ盛りすぎだよー!怒」とか言って、友達のせいにしちゃいましょう。

あとは、条件を盛ったことが気にならないくらい、女性に『価値』を与える事です。

会話で楽しませるとかですね。

年収を2段階盛っていようが、佐藤健が来たら女性は文句言いませんから。

僕は年齢も若い方に盛っていましたが、恋愛を勉強して価値の高い男になっていたので、実際に会った後に年齢を気にされたことなんてありませんよ。

 

まとめ マッチングアプリのプロフィールは盛ってもバレない

今回は、マッチングアプリのプロフィールは盛っても良いのかというお話をしました。

  • プロフィールは多少盛ってもバレない
  • ウィンウィンになるウソは積極的に使おう
  • 盛ったことが気にならないくらいの価値を与えよう

このような事が伝わりましたか?

この記事を読んで、マッチングアプリで良い出会いを見つけられたら嬉しいです。

 

勉強のススメ

マッチングアプリはやり方次第で結果が全然変わってきます。

いいねがつかない。

何を話せばいいかわからない。

既読スルーされる。

このような悩みを抱えている人はやり方を勉強しましょう。

【リンク】マッチングアプリで実際に会う為の必勝法