誕生日おめでとうLINEを既読スルーされる原因はウザイ奴に認定されたから。

僕がまだモテなかったころ、好きな女性の誕生日には気合を入れて【誕生日おめでとうLINE】を送っていました。

  • 「ちゃんと誕生日覚えてるよ!とアピールしたい」
  • 「ライバルに差をつけるぜ!」
  • 「記念日とかは大切にする男性だとアピールしたい」

このように考えていたんですよね。

しかし、かなりの高確率で既読スルーされてしまう。

数日前から作戦を練ってワクワクドキドキして「もしかしたら上手くいっちゃうかも~♪」と淡い妄想をしていた僕の心はズタズタに切り裂かれてしまいました。

◆こんな人にオススメ◆
  • 誕生日おめでとうLINEで好感度を上げようと思っている
  • 誕生日おめでとうLINEの内容を悩んでいる

誕生日おめでとうLINEをもらって嬉しいか

このブログでは何度もお伝えしていますが、嬉しいかどうかは関係性によるんですよね。

シンプルに言いますと、

  • 好き ⇒ 「嬉しい」
  • 嫌い ⇒ 「ウザーい!マジ最悪ぅ!顏もキモイ!」

となります。

僕の話をすると、モテなかった頃は『どうでもいい女性』からこのようなLINEを貰っても嬉しいと感じていました。

しかし、モテるようになってこのようなLINEをたくさん貰うようになると、なんとも思わなくなってきたんですよね。

それどころか「ちょっとウザイな・・・」と感じるようになったんですよ。

あなたが好きな女性はとてもモテると思うので、このようなLINEをめちゃくちゃ貰っていると思いませんか?

まず間違いなく「ウザいなー」と思われていますよ。

これは、誕生日おめでとうLINEだけでなく、あけおめLINE、メリクリLINEなども同じ。

 

あなたの好意が女性にバレる

誕生日おめでとうLINEを以下のように思って送っている場合は注意です。

  • 「これ送ったら好感度上がるかな?」
  • 「これをきっかけに仲良くなれないかな?」

これらは関係性が低いからこそ思う事なんですよ。

好感度が高い状態であれば、純粋に「おめでとう!」と思って送るか、実際に会ってお祝いする関係でしょう?

関係性が低いのにこのLINEを送ってしまうと、相手女性に好意があるということがバレてしまいます。

だってそのLINEは友達全員に送りますか?

送らないでしょ?

好きでもない人から好意をもたれるのはリスクなんです。

ストーカーになられたり恨まれたりするかもしれないじゃないですか?

怖いのでシャットアウトされてしまいます。

 

ライバルに差をつけようとすると更に大ケガをする

ライバルもその女性に『誕生日おめでとうLINE』を送っているかもしれないですよね?

その場合、ライバルと差をつけないと勝てませんよね?

するとどう考えるかというと、

  • 「LINEの内容を感動的にしよう!」
  • 「LINEの内容をロマンティックにしよう!」

などと考えてしまうんですよ。

これがかなり地雷LINEになります。

例えばLINEの内容がこうなります。

  • 「僕も生んでくれたお母さんに感謝するよ♪」
  • 「今日は君がこの世に誕生した記念すべき日だ♪」
  • 「奇跡が起きた日に乾杯♪」

などです。

寒いでしょ?

普段は絶対言わないこともLINEだと勢いで送ってしまうんですよ。

このような内容はたとえ好感度が高くても危険。

 

【補足】絶対にやってはいけない事

間違っても誕生日の0時になった瞬間に送るとかマジでヤバイからやめてくださいよ。

「誕生日になった瞬間に送ろー♪」とか言ってスタンバイしてるのマジで怖いから。

 

まとめ 誕生日おめでとうLINEを既読スルーされる原因

今回は、誕生日おめでとうLINEの危険性についてお話しました。

  • 誕生日おめでとうLINEを貰って嬉しいかは関係性による
  • 好感度を上げようと思って送るならやめておこう
  • 気合を入れて内容を考えると、大ケガをしてむしろ好感度が下がる

このような事が伝わりましたか?

この記事を読んで、ムダに好感度を下げず、徐々にその女性と仲良くなってくれたら嬉しいです。

 

勉強のススメ

LINEを既読スルーをされるのには原因があります。

その原因はシンプルにやりとりがつまらないからです。

ノウハウを勉強し、楽しいやりとりができるようになってください。

【リンク】メールの返信すらくれない女をいとも簡単に復活させて彼女にする方法